30代からの転職状況について

 

転職を考えるときには募集年齢が一番気になるかもしれません。たとえ筆記試験や面接などに自信があっても、募集年齢をオーバーしていたら門前払いされてしまうからです。また○○を何年以上経験した人なんて条件があったりします。

 

一般募集の媒体や求人情報を見ても、確かに20代を募集している企業は多いという状況です。しかし30代といえばやり手というイメージもあって・これからもバリバリ働ける年齢です。では、30代のj求人はどのように探したら良いのでしょうか?

このように書いてきましたが、実際のところ30代の転職は年齢との戦いになります。30歳と29歳では思った以上に転職市場での評価が変わるのでビックリする人も少なくないはずです。以前までは、年齢が求人を左右するのはごく当たり前のことでした。

 

しかし法律の改正により、表向きには年齢で求人を行うことは難しくなりましたが、企業側も若い人がなるべく応募してくるような求人広告を考えているのが分かります。そこで若い人材を求めている職場なのかどうかということが書かれていなくても、感じ取ることも重要です。

 

転職活動をするには、30代は遅すぎるということはありません。本当は30代こそ実力を発揮できる年齢なのですが、なぜか会社は若い人を希望します。もちろんじっくり育てたい・会社に新しい風を起こしたい!などいろいろな理由があるでしょう。

 

ここでふと思ったことは、やはり給料面が関係あるかもしれません。一般的に考えても、年齢が上がるにつれて給料が高くなっていきます。つまり会社側からすれば、なるべく人材コストを安く抑えたいという目的があるのかもしれませんね。

 

もちろんしっかり情報収集をして求人を選び、企業研究をすることで採用される可能性は高くなります。また30代からの転職では、何を一番のアピールポイントにするかがカギとなります。一つの分野の資格やスキルだけは誰にも負けないという強みを一つは持っていることが重要です。

 

30代で転職をする以上は、3年以上は社会人として働いている経験をおもちのはずです。自分がどんなことをしてきたかを、つぶさに振り返りましょう。同僚にアドバイスしてもらったり、相談してみるのも良い方法です。

 

20代にはない30代の良さを応募企業に伝えて・理解してもらうことができれば、人材としての30代を主張することができます。できないことではありませんので、積極的に転職活動に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

30代の転職のコツは?

 

上記のように考えてみると、30代の転職活動はけっして簡単で楽なことではありませんが、うまくに転職活動できれば早めに決まるケースもあります。できればタイミング的に、募集が多く出回る時期に合わせて活動を始めるのがいいでしょう。

 

その他に、30代で転職するためのコツというものはあるのでしょうか?30代で転職を成功させるためには、今まで培ってきたことを十分に活用することが求められます。新卒であれば若さとやる気が求められるのに対して、これまでの実績・経験が求められます。

 

今の会社でやりたいことやこれまでの仕事でどんな経験をしてきたのかを具体的にプレゼンする必要があります。

 

営業職であれば、このプレゼンで手腕を見られているかもしれません。過去の実績に関しては、どんな相手と交渉をしてきたのかや、どのくらいの売り上げがあったかなどを、具体的に説明しましょう。

 

もちろん自分だけで成し遂げたプロジェクトではなく・チームを組んで成し遂げたこともあることでしょう。そのような場合はチームの一員としてどんなふうに自分が貢献したかをアピールしましょう。企業秘密を安易に漏らすと信用を失いかねませんので注意しましょう。

 

成功体験ばかりが、アピールできるような過去のエピソードもない人もいるでしょう。たとえそのような体験がない場合でも、募集している会社の採用基準を満たせば採用されますので過度な心配はやめましょう。

 

またマイナスからどうやってプラスに転じたかなどのストーリーは30代の転職に効果的です。30代で転職活動をする時には、20代にはない、実績やスキルなどを押し出していくことになります。積み重ねてた年齢ぶんの結果を自己アピールに転化することが重要なポイントです。

 

30代の転職の注意点とは?

 

30代で転職をする場合、20代や学生のころとの違い気を付ける必要があります。採用を考えている企業は30歳ともなれば社会経験や常識があると思われています。面接で常識のなさが露呈してしまったり、志望動機が子供っぽいものだと思われないようにしましょう。

 

採用担当者はたくさんの面接を行っていますので、適当な返答ではすぐにぼろが出てしまいます。30代で転職する場合は、衣服に関しても細心の注意が必要になります。日常感覚の延長で、よれたスーツやネクタイのままで行っては印象を悪くします。

 

30代としての些細なマナー違反をすることがないように、身だしなみや礼儀をきちんとしましょう。ちなみに30代からの転職における面接では社会問題などについても考えを聞かれることが多いようです。

 

世の中の情報に興味がないという人では、30代の社会人として評価が下がります。普段からしっかりと新聞などに目を通し、時事問題にも関心を持つように心がけましょう。転職を決めたからには、30代では満たすべき条件がたくさんありますのでそのつもりで挑みましょう。